イメージ画像

区民の盾となる暴排条例の制定を目指して

全国第2位と第3位の広域指定暴力団本部があるにもかかわらず、23区で唯一、暴力団排除条例を持たなかった港区。
僕は、ただ一人、議会で暴排条例制定に向けて活動してきました。

もし、知らないうちに自宅マンション(分譲)に暴力団が住んでいたら……

 1  区分所有者である暴力団員がトラブルを起こし、それを全住民が知ることとなった場合、住民は暴力団員と財産共有していることを、売買の際に必要な「重要事項説明書」へ記載する義務が発生します。

2  そうなると、コンプライアンスの点から、銀行はそのマンションに対し融資することができなくなる可能性が高くなります。

3  銀行から融資不適格とされたマンションは、売却することも困難になり、資産価値が大幅に下がることが想定されます。

4  分譲マンションから暴力団員を排除することは現実には困難です。最も効果的な対策は、区が「分譲マンションへの暴力団員の所有、居住、使用を禁止する条例」をもって姿勢を示し、区民の盾となることです。


私は議会にて区長へ次のように質問しました。
「分譲マンションの区分所有者である暴力団員の財産権と同じマンションに住む他の区分所有者の喪失する財産権について、区長はどのようにお考えでしょうか ?」

区長の答弁は次のものでした。
「憲法によって国民は等しく財産権を保証されている」

区長のいう、暴力団員も一般の善良な区民も、等しく憲法により財産権を保証されているという考えに、私は同意できません。

なぜならば、暴力団員は暴力団という組織を辞めることができるのですから。
自らの意思で暴力団員であり続ける限り、他の善良な区民と等しく財産権を保護されるべきものではないと私は考えます。

港区における分譲マンションは2245棟(H26年9月)。
港区には約87000世帯が分譲マンションに住んでいます。

1戸が5千万円としても43兆円以上。
この国の税収にも匹敵する巨額の区民の資産を守ることは行政の責務であると考えます。

<議員発案による港区暴力団排除条例改正案の提出に向けて>

私が提案した、分譲マンションにおける暴力団員への「売らない、貸さない、使わせない」という所有、使用、居住を禁止する概念を取り入れた暴力団排除条例案は、平成25年9月に仲間3人の議員署名を集めて議会へ新規条例案として提出されました。

常任委員会における議案審議の過程では、「私が住んでいた麻布十番のマンションの中に、4つの組み事務所があったが、地元ではなにもおこらない・・」(自民鈴木たけし議員)「暴力団の人たちが持っているいろいろな属性を取り去って、一個人としての人権を考えた時に、その一人の人の住まう場所もなくなってしまうということになったら、それは良くないと思う」(みなと政策クラブ樋渡紀和子議員)「刺青といえば暴力団になってしまうと思うのだけど、これは日本の鳶職、火消しですね、(中略)日本の歴史がありますから、そのような事で区別するのではなく、その時代にあった生活環境の中で判断していかなければならない」(自民鈴木たけし議員)と言った僕の提出した暴力団排除条例に反対する旨の意見が全会派から出されました。
これらは、公式な発言として議事録に記載されており、ネット上で閲覧できます。(H25.10.28総務常任委員会、H26.1.31総務常任委員会)

私が仲間3人の署名を得て議員発案した暴力団排除条例案は、翌年の平成25年2月、区議会70年の歴史において初となる 、2名の議員の署名撤回という事態に発展し、議員発案の条例案は取り下げざるを得なくなりました。

議員の署名撤回理由は、「考え方が変わったため」錦織淳二議員、「審査過程における外部要因変更の為」有働巧議員、というものです。

暴力団排除の取り組みは、身の危険がつきまといます。
僕も同じですが、家族は当然反対します。
議員も人の子ですから、誰も責めることはできません。

その後、施行された港区暴力団排除条例には、残念ながら私の考える分譲マンションからの暴力団員排除という概念は取り入れて頂けませんでした。

私は、議会において一人、諦めることなく、分譲マンションの所有者に対し、暴力団員にマンションを「売ること」「貸すこと」「使用させること」を禁止する条項を追加した暴力団排除条例改正案の制定に向け活動していきます。

区民の皆様におかれましては、引き続きご賛同賜われますよう、心からお願い申しあげます。

 

タグ

2012年11月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目指すこと

平成23年度第2定例会議

タグ

2012年11月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:定例議会 平成23年第2定例議会

請願署名のお願い

■雨天時のオーバーフロー下水をとめるための請願署

港区の港南にある下水処理施設は、80年前(昭和6年)に出来た古い施設です。
この下水処理施設では、千代田、中央、港、新宿、渋谷区の大部分、そして品川、文京、豊島区の一部という山手線の内側に相当する都心のトイレやレストランの厨房の下水を一手に引き受け、浄化した後、港区の運河に放水しています。
この老朽化した施設を再構築する計画が進んでおり、下水処理場の上部空間の利用に関する地区計画(街づくりの計画)を決めるための港区議会建設常任委員会で視察を行いました。
視察は、港区の山田副区長をはじめとする行政側幹部が十数名、僕が委員長を務める建設常任委員会の議員8名の大人数で押しかけ、下水道局の説明を受けました。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目指すこと

海からの物質供給と備蓄

高層住宅の防災対策を海から考える

震災時には7日間電力が途絶えると想定されています。
しかし、ビルやマンションの自家発電燃料は消防法により厳しい備蓄制限があり、数時間しかエレベーターや火災報知機を作動させることができません。
船舶による燃料や食料の備蓄は揺れに強く移動も簡単。水辺に位置する港区は内陸区にはできない防災体制が取れるのです。

港区の目の前に広がる東京港にはマンションの発電機燃料として利用できる船舶用の燃料が大量に備蓄されており、私は長年にわたり、これら船舶燃料を震災時にビルやマンションの発電機燃料として利用する検討を行ってきました。

この取り組みの一つの成果として、 2012年10月には港南のワールドシティータワーズにタンカーを接岸し燃料供給実験を行い、NHKを始め多くのメディアで日本初と報道されました。
そして同月、東京都がガソリンスタンドの燃料タンクを非常用燃料の確保のため税金を投入して必要量を確保する(買い占める)方針を発表したことを受けて非常用燃料の確保が優先と考え、「一般社団法人 港区の高層住宅の防災を考える会」を設立し、高層住宅の非常用発電機燃料としてA重油&軽油を500kl(超高層住宅50棟が毎日8時間、1週間発電し続けられる量)を確保しました。
これは川崎港から東京港における船舶燃料の流通備蓄の約8割に相当します。

私は自ら率先して新しい仕組みを作り、誰もが安心して住める街づくりを行っていきます。

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目指すこと

未浄化下水の放水を止め、泳げる海を!

未浄化下水の放水を止め、泳げる海を子供達に!

港区の海はなぜ泳げないのでしょうか。

雨が降った後、運河は黄色がかった悪臭を放つ水で満たされます。
これは、雨が降った後、トイレや台所などの汚水が浄化されず、塩素を混ぜただけの状態で運河に放水されるからです。

赤坂、六本木など港区全域、隣の銀座を含む中央区、国会議事堂のある千代田区、豊島区、文京区、新宿区、渋谷区、世田谷区、目黒区、品川区という、山手線エリアの内側のほぼ全域から汚水が、私たちの街に集められ、雨が降るたび茶色い「簡易処理水」として運河に放水されているのです。

芝浦水再生センター

私たちの街にある芝浦水再生センターが作られたのは、昭和6年。
なんと満州事変があった年。
この老朽化した施設が、今の東京の姿を想像して作られたわけもなく、10区から集まる莫大な量の下水と雨水を処理しきれないことから、平成24年度だけでも塩素を混ぜただけの汚水を187万7200㎥、実に東京ドーム1.5杯分も運河に放水しています。

雨が降った直後から、焦げ茶色の汚水が濁流となって放水され、あっという間に運河は黄土色に変わり、高浜水門から運河の外へ流れ出し、レインボーブリッジ、お台場へと海の色を変えていきます。

平成24年度だけでも187万7200㎥、実に東京ドーム1.5杯分の未浄化下水が運河に放水されました。

僕の取り組んできた最大の政治課題は下水道処理場で処理しきれなくなった汚水の緊急放水を止めること。
止めることができたなら、港区の海は劇的に水質が変わります。

僕は、NPOを立ち上げ、10年以上にわたり、下水道局に対し放水情報の公開を求めると共に、下水道処理施設周囲の運河にて、環境クルーズ を年間1000名もの区民参加のもと行い、施設の改善を訴えてきました。

僕が水環境と防災をテーマにガイドする区民視察クルーズ。

そして平成23年、港区議会議員となった僕に千載一遇のチャンスが飛び込んできました。
僕は建設常任委員会の委員長となり、最初に取り扱った案件が芝浦下水処理場に関する都市計画だったのです。

東京都下水道局と対峙する立場を得た僕は、下水道局と直接話し合い、数回の公聴会には100名近い賛同者と参加し、初期雨水のみ貯留するという方針を変更させ、港区には未浄化下水を一滴も流さないという方針に変更を求めました。

港区港南に建設中の芝浦下水処理場の新ポンプ場は、約950億円以上の巨費と10年の年月をかけ、深さ75mの巨大な縦穴を掘り、運河に放水している未処理下水を溜め込む巨大な地下貯留施設(主ポンプ棟整備事業)を作る計画です。

岩盤をくり抜き深さ65mの巨大な施設を建設中

将来、75mの地下には、天井まで35mもある7万立方mの貯留施設が作られる予定です。

視察した同規模の参考施設。

また、この施設でも汚水を溜めきれなかった時のために、8km先にある大田区の森ヶ崎下水処理施設まで、直径6メートルの管を地下65mに通し、未処理下水を圧送します。

直径6mの圧送管(参考画像)

公聴会では、「完成した暁には汚水を一滴も芝浦運河に放水しないようにする」と下水道局の担当官は公言してくれました。

僕が政治家になって最も嬉しかった瞬間。

この施設が完成するれば、きっと港区の運河は泳げる水質に変わります。
完成の時期は未定とのことなので、工事の進展を見守りながら、運河の水質検査などのチェックを続けていきたいと思います。

 

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:目指すこと

ブルーカーボン

2009年より国連環境計画(UNEP)が進める海のCO?吸収をテーマとした地球温暖化防止プロジェクト「ブルーカーボン」の日本事務局代表をしています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

護岸清掃イベント

東京港には生物の多様性に配慮した新しい護岸が次々と作られています。この護岸に流れ着いたゴミを拾い、終わった後は私がガイドするエコクルーズで東京港を回ります

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

水辺パーティー

運河ルネサンスの規制緩和で作られた水上テラスに食べ物や飲み物を持ち寄って、水辺について語り合う会やってます。

途中、レインボーブリッジの下までショートクルージング。

水に浮かぶと、人は不思議と陸にいる人に手を振りたくなる。
知らない人と人が手を振り合えば、きっとその街は楽しい街になる。

水辺の生活が楽しいと思ってもらえたら、嬉しいです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

生き物の棲みか作りプロジェクト(国土交通省主催)

生物多様性に配慮した護岸を使って生き物調査を行っています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

運河クルーズ

船に乗ると、不思議なことに陸にいる人に手を振ってしまう。
船は不思議な乗り物です。知らない人どうしが手を振り合えば、街はもっと明るく楽しくなれる。えのもとが水辺の環境や防災についてガイドし、街の再発見を行う「運河クルーズ」に参加すると、私たちの街をもっと好きになれるはずです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

このページの先頭へ