イメージ画像

東京都議会議員選挙に向けて

政治家になろうとしたのは、政治家でないと実現できないことがあったから。

雨が降る度、黄土色に染まる東京の海。

15年前、運河や海に、トイレや台所の生活排水を 浄化することなく塩素を混ぜただけの状態で年間120日以上も放流していることを止めたかった。
NPOを立上げ、活動し始めたが、何も変えられなかった。

政治家になって活動して、役人との目線が変わった。

NPOの代表という肩書では、動かないことが政治家になったら動いた。

今、取り組んでいる、人の命を救うための政策。
震災発災後、僅か1日か2日で、病院のベッドの上で最悪の場合、1万人近い人が命を失う可能性が高いという現実を回避する政策。

僕の政治の集大成ともいえる画期的なプラン。

問題を解決したかったから、小池知事の選挙を手伝った。
しかし、政策は採用されなかった。

この政策は、行政任せ、行政主導では実現が困難であるし、時間も掛かる。
横断的に関係省庁を説得する作業が大変だが、それをやるのが政治というものだ。

今は、政争をしている場合ではない。
震災はいつ発生してもおかしくはなく、今は現実を直視しなければならない時だ。

知事しか実現できない僕の政策。

ひたすら仲間を増やし、政策の弱点を克服し、実現させるために全力で取り組んでいきます。

タグ

2017年4月18日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:えのもとブログ

このページの先頭へ