イメージ画像

カルガモ産まれました

4月28日 巣から可愛いヒナが出てきました。

このカルガモプロジェクトはH18年に区民の方々が、家族でカルガモを観察することで、親子の愛や絆を語るきっかけになればという思いで区に提案したものです。

しかし、カルガモの人工巣は全国に前例がなかったため、区の説得は簡単ではありませんでした。

僕の話を信じ、予算を獲得してくれた港区の度量と、もう退職されてしまいましたが当時の担当課長に今でも心から感謝しています。

H19年度に予算がつき、区民参画事業カルガモプロジェクトが発足。

区民の意見で巣の中の部屋割りや休息場所の設計を行い、H19年12月に1号巣を設置。

H20年の春、初シーズンからヒナが巣立っていきました。
そして、今年で6年目。

一年に多い年で8組の親子が巣から旅立っていきます。

カルガモは親がヒナに餌を運んでくるような子育てをしません。
ヒナは生まれた日から、自分で泳ぎ、自分で餌を獲り生きていきます。
親は片時も離れず、ヒナを守り、教え、育てていきます。

是非、親子で観察して頂きたいと思います。

今では公職についているため、直接プロジェクトの運営にはタッチしておりませんが、区民が観察する機会を作ったり、企業支援によるライブカメラ設置など、できる限りの応援をしていきたいと思っております。
http://kamopro.com/

タグ

カルガモの産卵

カルガモの人工巣に区民有志で設置したライブカメラ。
3年の月日をかけ調整に調整を重ねて、ついに24時間巣の内部をネットで観察できるようになりました。
<カルガモプロジェクト応援団>
http://kamopro.com/

ライブ放送を開始した直後!
なんと!
巣の真下にカルガモの姿が!

カルガモはすぐにいなくなったのですが、カルガモのいた場所には
なんと卵が!

カルガモは日に1個づつほど10個前後の卵を産みます。
そして、全部産み終わると抱卵を始め、28日ほどで卵は孵化します。

可愛いヒナが見れるのは、4月の終わり頃でしょうか?
楽しみです!

タグ

ハゼ釣り調査(国土交通省主催)

水環境のバロメーターと言われているハゼを釣って環境調査をしましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

いかだレース

ロビンソンクルーソー、トムソーヤの冒険、子供の頃に夢見たイカダを家族が力を合せて作り、海に漕ぎ出す。生涯忘れられない思い出です

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

親子カヌー教室

座るのは子供が前、大人は後ろ。カヌーは互いに声を掛け合い息を合わせて漕がなければ真っ直ぐ進むことも出来ません。水上の隔離された空間での共同作業によって親子の絆が驚くほど深まります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

港区水辺フェスタ

毎年千人以上が参加するこのイベントは、マンション代表、小学校の友達同士、ママ友など6人でチームを組みゴムボートに乗って地域対抗で競い合います。終わった後は、老若男女、誰もが興奮して笑顔で帰っていきます。地域力を高め、安全で震災に強い街づくりには、このような地域の住民参加型イベントが最も効果的なのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

このページの先頭へ