イメージ画像

港区防災基本条例の一部を改正する条例を議員発案しました

港区防災対策基本条例の一部を改正する条例に関する提案説明

平成25年港区議会第2回定例議会において港区防災対策基本条例の一部を改正する条例を議員発案にて提案しました。以下、平成25年6月12日本会議上にて説明した案文です。

 

港区防災対策基本条例、第十八条、高層住宅等の震災対策、第1項においては、高層住宅の住民の責務として、「震災時におけるエレベーターの停止等に備えた防災計画の策定と救出、避難等に必要な用具の備蓄」を定めております。

震災時に、高層住宅で予見される非常に大きなリスクとして、狭い非常用階段に住民が集中避難することによって発生する将棋倒しなどの2次災害があります。

このような高層住宅特有のリスクを回避するために、住民の責務として、「エレベーターの停止」の下に「、避難時における事故」という文言を加えるとともに、一度地上に避難すると再び上層階の自宅まで戻ることが困難な高層住宅の住民に対し、残留居住を強く求める区の方針に従い、現行の「救出、避難等に必要な用具」を「避難及び残留居住に必要な用具、物資等」と改めることにより、より住民の責務を明確にした条例にしたいと考えるものです。

港区防災対策基本条例、第八条の事業者の責務には、「従業員の一斉帰宅の抑制」や「飲料水、食料その他災害時に必要となる物資の備蓄」と具体的かつ詳細に定めており、第十八条、高層住宅等の震災対策においても、現実に予見される二次災害や残留居住に対する住民の責務を明確にするべきと考えます。

これにより、続く項における「事業者の責務」「区の責務」における住民の支援の範囲も、より具体的かつ実践的なものになると考えます。

何とぞ各位におかれましては、速やかなるご審議を賜り、ご決定下さいますよう、切にお願い致します。

 

港区防災対策基本条例新旧対照表

現     行

第十八条 高層住宅等の居住者等は、震災時におけるエレベーターの停止等に備え、協力して防災に関する計画を策定するよう努めるとともに、救出、避難等に必要な用具について協力して備蓄するよう努めなければならない。

改  正  案

第十八条 高層住宅等の居住者等は、震災時におけるエレベーターの停止、避難時における事故等に備え、協力して防災に関する計画を策定するよう努めるとともに、救出、避難及び残留居住に必要な用具、物資等について協力して備蓄するよう努めなければならない。

 

タグ

一般社団法人 港区高層集合住宅の防災を考える会

社)港区高層集合住宅の防災を考える会のホームページができました。

津波、液状化、孤立、臨海部は震災に弱いというイメージが311以降浸透してしまいました。
さらに臨海部に集中する高層住宅は徹底的に無駄を省いた高密度集約型の住宅であり、行政の求める7日分の備蓄物資を建物内に保管するのは困難です。
震災時にエレベーターが止まり、電力が復旧するまでの一週間、いったいどのようにして行政の定める7日間の建物内残留居住を行うのか。
多くの課題を前に、水辺の利点を生かした高層住宅防災を考え、自助・共助による新しい防災体制を構築するために設立したのが本法人です。
2013年5月現在、臨海部のタワーマンション10棟 6525戸と震災時に非常用発電機燃料を分配する協定を結び、共に発電し続けられるマンションを目指しています。

水辺に建つマンションの皆様
震災時に、発電し続けられるマンションを一緒に作っていきましょう。
震災時に、水食料が届けられる防災体制を一緒に作っていきましょう。

タグ

カルガモ産まれました

4月28日 巣から可愛いヒナが出てきました。

このカルガモプロジェクトはH18年に区民の方々が、家族でカルガモを観察することで、親子の愛や絆を語るきっかけになればという思いで区に提案したものです。

しかし、カルガモの人工巣は全国に前例がなかったため、区の説得は簡単ではありませんでした。

僕の話を信じ、予算を獲得してくれた港区の度量と、もう退職されてしまいましたが当時の担当課長に今でも心から感謝しています。

H19年度に予算がつき、区民参画事業カルガモプロジェクトが発足。

区民の意見で巣の中の部屋割りや休息場所の設計を行い、H19年12月に1号巣を設置。

H20年の春、初シーズンからヒナが巣立っていきました。
そして、今年で6年目。

一年に多い年で8組の親子が巣から旅立っていきます。

カルガモは親がヒナに餌を運んでくるような子育てをしません。
ヒナは生まれた日から、自分で泳ぎ、自分で餌を獲り生きていきます。
親は片時も離れず、ヒナを守り、教え、育てていきます。

是非、親子で観察して頂きたいと思います。

今では公職についているため、直接プロジェクトの運営にはタッチしておりませんが、区民が観察する機会を作ったり、企業支援によるライブカメラ設置など、できる限りの応援をしていきたいと思っております。
http://kamopro.com/

タグ

カルガモの産卵

カルガモの人工巣に区民有志で設置したライブカメラ。
3年の月日をかけ調整に調整を重ねて、ついに24時間巣の内部をネットで観察できるようになりました。
<カルガモプロジェクト応援団>
http://kamopro.com/

ライブ放送を開始した直後!
なんと!
巣の真下にカルガモの姿が!

カルガモはすぐにいなくなったのですが、カルガモのいた場所には
なんと卵が!

カルガモは日に1個づつほど10個前後の卵を産みます。
そして、全部産み終わると抱卵を始め、28日ほどで卵は孵化します。

可愛いヒナが見れるのは、4月の終わり頃でしょうか?
楽しみです!

タグ

保育園の官民格差・・子どもたちのために

保育園における官民格差

H25年第一定例議会予算特別委員会の民生費の質疑において、弱視を例に取り上げ、幼少期の発達障害の早期発見の重要性と認証、認可保育園の検診回数と種類の格差を取り上げました。
弱視にもいろいろあるが、僕の友人の子供は検査の結果、なんと片目が見えていなかった。

病気ではない。
脳が目から送られてくる信号を映像として捉えられない脳の発達障害の一種。
生まれつきなので本人は片目が見えないことを意識しないし、親も気がつかないことが多い。

そして、この障害は3歳までに発見してトレーニングを開始し、5歳までに終わらせるのが重要と言われている。
僕の友人は1歳で発見できたので、僅か半年ほどで視力はほぼ回復したそうだ。
しかし、多くの子供が小学校の入学検診で初めて見つかっている。
視覚に関する脳の発達は5歳までで完成してしまうから、それ以降のトレーニングは困難を極める。

弱視だけでなく、幼少期にだけ治すチャンスのある障害は多い。

公立の認可保育園では0歳は月2回、1、2歳児は月1回の検診を行っており、眼科検診、歯科検診も無料で行なっている。
一方で私立の認証保育園は年に2回程度、歯科眼科検診は行われていない。
発達障害の早期発見スキルも大きく違う。

生涯、片目が見えないことの経済的損失、
生涯、障害を背負って生きることの経済的損失。

どう考えたって、幼少期に早期発見し、徹底的に療育を行い、社会を支える側になってもらうために数年間の投資を行う方が費用対効果が高いに決まっている。

今の大人は巨額の借金を作り、孫子の代まで背負わせ時代を謳歌している。

少子化の中、子供一人一人のクォリティーをあげ、良き納税者として育てるのは大人の義務である。
子育て部門と障害福祉の部門、保健所など様々な部門が横断的に連携し、子供の将来を考え総合的に子育てを考える組織を早急に作って欲しい。

 

以上の要望に対し、検討して頂けることとなりました。
未就学児童の検診レベルの向上に今後も粘り強く、取り組んで生きます。

タグ

ブルーカーボン

2009年より国連環境計画(UNEP)が進める海のCO?吸収をテーマとした地球温暖化防止プロジェクト「ブルーカーボン」の日本事務局代表をしています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

護岸清掃イベント

東京港には生物の多様性に配慮した新しい護岸が次々と作られています。この護岸に流れ着いたゴミを拾い、終わった後は私がガイドするエコクルーズで東京港を回ります

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

水辺パーティー

運河ルネサンスの規制緩和で作られた水上テラスに食べ物や飲み物を持ち寄って、水辺について語り合う会やってます。

途中、レインボーブリッジの下までショートクルージング。

水に浮かぶと、人は不思議と陸にいる人に手を振りたくなる。
知らない人と人が手を振り合えば、きっとその街は楽しい街になる。

水辺の生活が楽しいと思ってもらえたら、嬉しいです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

生き物の棲みか作りプロジェクト(国土交通省主催)

生物多様性に配慮した護岸を使って生き物調査を行っています。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

運河クルーズ

船に乗ると、不思議なことに陸にいる人に手を振ってしまう。
船は不思議な乗り物です。知らない人どうしが手を振り合えば、街はもっと明るく楽しくなれる。えのもとが水辺の環境や防災についてガイドし、街の再発見を行う「運河クルーズ」に参加すると、私たちの街をもっと好きになれるはずです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

カルガモプロジェクト

私が港区に提案し平成19年度から取り組んでいる「親子の愛」がテーマの区民参画事業。毎年たくさんのヒナが巣から生まれています。親子やご夫婦で一緒にカヌーに乗って観察してみませんか?今年は、ライブカメラを設置し、ネットでも見ることが出来るようになります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:皆で考える

ハゼ釣り調査(国土交通省主催)

水環境のバロメーターと言われているハゼを釣って環境調査をしましょう。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

いかだレース

ロビンソンクルーソー、トムソーヤの冒険、子供の頃に夢見たイカダを家族が力を合せて作り、海に漕ぎ出す。生涯忘れられない思い出です

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

親子カヌー教室

座るのは子供が前、大人は後ろ。カヌーは互いに声を掛け合い息を合わせて漕がなければ真っ直ぐ進むことも出来ません。水上の隔離された空間での共同作業によって親子の絆が驚くほど深まります。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

港区水辺フェスタ

毎年千人以上が参加するこのイベントは、マンション代表、小学校の友達同士、ママ友など6人でチームを組みゴムボートに乗って地域対抗で競い合います。終わった後は、老若男女、誰もが興奮して笑顔で帰っていきます。地域力を高め、安全で震災に強い街づくりには、このような地域の住民参加型イベントが最も効果的なのです。

この投稿の続きを読む »

タグ

2012年11月22日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:水辺を楽しむ

このページの先頭へ